記念品との違い

ノベルティグッズと記念品って、似て非なるものなのかなと思っています。

ノベルティグッズは販促・集客のため

ノベルティグッズはあくまでも、自社製品やサービスに興味をもってもらうために配布するものという位置づけだと考えています。

ビジネス展示会で配るノベルティグッズは「ブースに立ち寄ってくれて、ありがとう」というお礼もありますが、それよりもブースに立ち寄ったことを忘れないようにするためにロゴ入りのボールペンやコットンバッグを渡すようにしていると思います。

あくまでも不特定多数に渡す・配布するものになるので、そこまで単価の高い商品でノベルティグッズを製作することもないですね。

記念品は契約・成約のお礼

記念品と一言でいうと、様々な記念品がありますがここでは「卒業記念品」や「社内記念品」は含まずに、お客様に贈呈・進呈する記念品についてとなります。

何かを契約した際の成約記念品、高級品を購入した際のプレミアムノベルティがここでの記念品になります。

わかりやすいところで、新車を購入する・マンションを購入するなど、生涯に何度もあるものではない契約・購入をした際に、貰うような記念品。

シャネルやヴィトンなどの高級品を購入した際におまけとしてもらえるプレミアムノベルティ。

このようなものが記念品なので、100円のものに名入れをして「はい、どうぞ」というようなものにはらないと思います。

ブランドイメージなどに合わせて商品選定を行ったり、もしかするとオリジナルで1から作られるものあるかと思います。

ノベルティグッズはもらった後にどこに行ったかわからなくなっても構わないものですが、記念品・プレミアムノベルティは貰って価値があるものを贈るような傾向にあると思います。